体を温めるコツを知ろう|温活で冷えを無くす

ベッド

良質睡眠のために

強い反発力によって身体が沈みにくい傾向にある高反発マットレスは、腰痛の軽減や質の良い睡眠のサポートをしてくれるとして注目されています。とくに身体を酷使するアスリートなどのからの支持も高いことから、人気に拍車がかかっています。

体を温めるために

手

身体を温めよう

身体を温めることにより、様々な効果を期待することが出来るとして、人気を集めているのが、温活です。特に冷え性に悩まされている女性の場合、温活をすることにより、むくみ解消やダイエット効果を期待することが出来るとされています。身体が冷える原因にはいくつかありますが、最も大きなものとしては、血行不良があります。血行不良はむくみの原因にもつながりますし、代謝が悪くなる、肌荒れの原因となっているかもしれません。温活をすることで、それらの症状を改善することが出来ると期待されています。温活の方法は、食べ物を工夫したり、運動を行う、入浴によって新陳代謝を活発にするという方法があり、取り入れやすい方法を選ぶことが出来ます。

ぬるま湯に浸かろう

身体を温めるという場合、体の内側から温める方法と外側から温める方法があります。身体の外側から暖める方法として、入浴をするということがあります。普段、シャワーだけで済ませているという場合、身体を芯から温めるということは出来ません。しかし、注意をしなくてはいけないのが、熱すぎるお湯に浸かるということは、逆効果となる可能性があるということです。身体の表面のみが温まっていても、身体の内側は低いままという事にもなりかねません。そこで、入浴をするという時には、少しぬるいと感じる程度のお湯に浸かるようにすると良いでしょう。身体の芯から温めることが出来れば、湯冷めしにくいというメリットもあります。入浴の際には、水分を十分に摂取するようにしましょう。

女の人

安全なホルモン安定方法

女性ホルモンを増やすためにサプリメントを取り入れる人が増えていますが、利用方法を誤るとリスクがあります。また、飲み合わせによって効果が打ち消されたり副作用を強くするケースもあります。サプリメントを利用する場合、コンスタントな摂取を見込める点が重視されます。コスト的にも優れていますので便利です。

マットレス

腰痛持ちのあなたに

腰痛や肩こりといった症状は、マットレスが原因であるということも考えられます。横になった時に体とマットレスが接している面の圧が至適範囲内でなければ、腰や肩に負担がかかってしまいます。腰痛で悩んでいる人におすすめは高反発マットレスです。特にモットンは腰痛用に開発されており、返金保障もあります。